アロマセラピストの活動

アロマセラピストとして働く人々を何と呼びますか?アロマセラピストが就職する主な場所はアロマセラピーストアですが、アロマセラピーオイルやアロマ関連商品を専門に扱っているお店です。各アロマストアが扱うエッセンシャルオイル、品質、目標は異なるため、アロマセラピストに必要な知識も変わります。日常生活に取り入れられるお部屋の香りをお望みの方や、心身ともに改善したい方は、アロマテラピーストアをご利用ください。アロマセラピストは、適切なエッセンシャルオイルを紹介し、基本的な予防措置とアドバイスを提供する責任があります。アロマ製品を供給できるエッセンシャルオイルサプライヤーは、ビジネスパートナーが医療スタッフと美容院であるため、アロマセラピストからの高度な知識が必要になる場合があります。エステティックサロンで働くには、アロマテラピーマッサージとトリートメントテクニックを習得して手順を実行する必要があります。そのようなサロンの中には、エステティックのサロンやトリートメントクリニックのサロンがあります。治療センターとして治療を行うアロマセラピストの場合、アロマセラピストとして自分で治療を行うことはできませんので、医療資格がない場合は助手となります。同時に看護証明書をお持ちの方は、アロマセラピストとして幅広く活躍できます。独自のサロンやトリートメントセンターを開設することもできます。日本ではアロマテラピーの分野自体が拡大し始めたばかりであり、アロマテラピーとしての活動分野は今後も拡大していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!