近視レーザー手術のメリットとデメリットを比較しよう

キオロ 口コミ視力を回復するためのレーザー近視手術には、当然、長所と短所があります。手術の利点は、肉眼で生きることができることです。コンタクトレンズやメガネを使う必要はありません。コンタクトレンズはメンテナンスと交換の費用がかかるので、近視レーザー手術からコンタクトレンズの費用を排除することも大きな利点です。近視レーザー手術は短時間で完了でき、点眼麻酔を使用しているため、手術中の痛みはほとんどありません。レーザー近視手術は非常に安全で、合併症や懸念がほとんどないため、有益です。近視を半永久的に修復したい場合は、レーザー近視手術が最適です。また、レーザー近視手術のリスクにも注意してください。レーザー近視手術は誰もができる手術ではありませんが、目の状態やその他の病状によっては手術ができない場合があります。レーザー近視手術は外科手術であるため失敗する可能性がありますが、失明したことは一度もないようです。近視レーザー手術の欠点は、それが比較的新しい手術であり、その長期的な安全性がまだ証明されていないことです。高い運用コストは、近視レーザー手術の欠点でもあります。保険の対象外ですので、20万円〜50万円程度の費用がかかります。レーザー近視手術には多くの長所と短所があるため、この手術が本当に必要かどうかを判断するには、それらを慎重に計量する必要があります。

error: Content is protected !!