メタボリックシンドローム予防のための食事

i・b・o 口コミ
メタボリックシンドロームでは、食生活の改善が最初の予防策です。食事は内容に制限はありませんが、食べる時間と時間、食べ方に注意する必要があります。日常生活に少し気をつけて予防策を講じることができます。だから、緊張せずに徐々にこれを行うことはあなたの食事と健康に素晴らしい結果をもたらすでしょう。メタボリックシンドロームの予防として、就寝時刻の少なくとも3時間前に食事をしてください。その理由は、就寝後3時間以内に飲食するとトリグリセリドが増加し、食後すぐに寝るとトリグリセリドを代謝する機能が発揮されなくなるためです。この方法で処理できなかったエネルギーは血中に残り、トリグリセリドの増加につながります。また、食べた直後に就寝すると脂肪の吸収が良くなり、脂肪がそのまま残るためメタボリックシンドロームになります。時間をかけて食事をよく噛んでください。メタボリックシンドロームも予防できます。咀嚼は満腹感を刺激し、少量の食事でも飽和させ、インスリン分泌を正常化して肝臓を和らげます。目安として、30回程度、理想的には食べ物が口の中でどろどろになるまでです。過食を避けることもメタボリックシンドロームの効果的な予防策です。毎日どれだけのエネルギーが必要かを知ることは、脂肪の浪費を避けるのに役立ちます。

error: Content is protected !!