学校ローンの種類

公立と私立の教育ローンは異なります。公的融資の特徴は、固定金利と低金利であるということです。民間ローンは、所得制限、ローン上限、使用制限が比較的緩いですが、保証料と金利は公的ローンよりも高くなっています。ただし、私立学生ローンの季節によっては金利選好キャンペーンが行われるため、秋から春にかけての目標です。教育ローンの公式版は一般教育ローンです。これは日本政策金融公庫が資金を提供しています。また、各県の年金福祉団体が運営する年金研修ローンや郵便局が運営する郵便ローンがあります。対象グループは生徒の保護者であり、世帯収入などに制限があります。大学、大学院、中学校の費用だけでなく、高校、職業学校、予備校、専門学校のある高校、その他の職業学校などの教育施設での使用も承認されています。世帯年収にもよりますが、最大200万円が融資されます。民間教育ローンは、地元の銀行や労働金庫からの多くの商品で利用できます。民間ローンの限度額は約1万円です。 300万円以下で、制限の緩いタイプが多いです。金利も変動・固定であり、商品によって返済計画や担保内容が異なります。一部の銀行は、金利インセンティブを利用する際に、一般口座で行った取引を考慮に入れています。限度額を決める際には、他のローンの利用、自動車ローン、償還状況などを検討できるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!