サラキンディーラーからの悪意のあるトリック

消費者金融から融資を受ける場合、金利が低く借りやすいところから利用したいという人が多い。悪意のあるサラキンの小売業者は、消費者の欲求を利用する方法で、法外な利益を生み出すために積極的に自らを利用しています。非常に説得力のあるチラシやダイレクトメールを使って顧客を惹きつけ、「低金利で借りている」と言う紹介店という人がいます。この時点で紹介されているのは、リーフレットを扱う会社とはまったく異なる会社です。広告主は金融ビジネスを運営しておらず、ビジネスとは何の関係もないサラキンのディーラーに導かれるだけです。それがあなたがコミッションを得る理由です。いわゆるオーガナイザーもあります。おとり広告を使用して、「低金利で債務を整理する」などのフレーズで複数の債務者を招待します。招待状を受け取ると、より多くの債務を片付け、サラキンのディーラーに悪い弁護士を雇い、債務者に毎月以前よりも少ない金額で返済するように頼むことが熱心に奨励されます。一見簡単そうに見えるかもしれませんが、実際には債権者(消費者金融業者)には支払われていません。過剰な手数料は再編預金として請求されることがあり、トリックはあなたがお金を失うだけで返済が終わらないということです。償還とは関係がなくても、ヤミ金融という言葉を聞いたことがあるはずです。金融庁に登録せずに借り入れ、利息制限法や投資法の最高金利をはるかに超える高金利で借り入れているのは、邪悪な消費者金融業者です。悪意のあるベンダーから入手できるさまざまな手法があります。一見、ちらしややダイレクトメールで良い話を書いていても、何かおかしいところがないか注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!